Since 2008.04.15


by horntail

カテゴリ:小説( 3 )

小説その3

リクエスト頂いたので~
前作からかなりの間が空いちゃいましたが・・・投下しますねw
期待してくれる人がいるのはホント嬉しいですw


小説1・2はカテゴリの 小説 からお飛び下さい。


後述)
ってかw 
書いてたらすげー長くなったwwww
読んでくれた人乙ですww



炎メイジ・スナイパー・ナイト編


「ここが敵さんのアジトってわけね。 
 アンタたち 準備はいい?」

伝説の魔物ジャクムのアジトへとたどりついた
ナイト、炎メイジ、スナイパーの3人。

片手剣を鞘から抜き放ち
嬉々とした表情で尋ねるのはナイトだ。
女性でありながら騎士団長を務める腕前である。

「ええぇぇぇ!?
まさか正面突破なんて考えてるわけじゃないよね??」
深紅のローブに身を包んだ炎メイジが慌てる。

「無謀・・・だな」
ボソリと呟いたのはスナイパー。
希少となってしまった弩使いである。

「なによ。男のクセにだらしないわねぇ。
だったら他にどうするって言うの?」
苛立ちを含んだ口調で問うナイト。

「・・・・・・向こうにまわれば裏口がある。
 バカ正直に正面から突っ込むよりはマシだろう」

「それが罠かもしれないじゃないの。
・・・・・まぁいいわ 
アンタたちがそうしたいのならそっちから進入よ。」




シャキーン!!




切れ味鋭いナイトの刀が裏門を切り裂く。

中はコロシアムのような形状になっていた。
とはいえスタンドはなく、そこは決して広いとはいえないフロアになっている。
見下ろす形になる中央には、やや広いスペースがあり四方から階段が伸びている。

そして・・・階段の前にはモンスターの群れ―――

「ほらみなさい。 やっぱり待ち構えられていたじゃないの」
なぜか勝ち誇ったかのように言うナイト。

「いや・・・・明らかに数が少ない。
おそらく正門に数を集め、こっちには中級戦力を集めた感じだ。
雑魚を大量に相手するより楽だと思うが・・・?
中央にいるネクロマンサー 奴がボスだな。
魔法の衝撃波には注意しろよ」

一見するだけで冷静に戦力分析を終えるスナイパー。
眼前の敵から目を離すことなく
視線の端で、中央にいるネクロマンサーを捕らえる。

「フハハハ!!
飛んで火に入る夏の虫とはこのことだな」
ネクロマンサーが言う。

「ひぃぃぃ やるしか・・・ないんですね」
不安げな声をあげる炎メイジ。

「キサマラごときジャクム様の手を煩わせるまでもない。
キサマらの首をジャクム様の手土産に・・・」

が・・・
ナイトが敵に飛びかかるより、
スナイパーが矢を射るよりも
そしてネクロマンサーが口上を言い終えるよりも早く
炎メイジの呪文が完成した。

「ポイズンミスト!!」

炎メイジの振りかざした杖から濃緑の霧が吹き出るとあたりを包む。

「ギィィィ!!」
霧に触れたモンスターの体は変色し苦痛に顔を歪める。

「なっ!? 卑怯な!!」
思わず焦りの表情を浮かべるネクロマンサー。

ストイックなまでに効率を重視する彼らにとって
悠長に口上を聞く気などさらさらない。

序盤に中毒効果のある霧を撒くことで戦闘を優位に運ぶ。
これが彼らの戦いの基本スタイルであり、
ナイトとスナイパーが攻撃を仕掛けなかったのは毒霧から身を避けることを優先したのだ。


「くっ!! 行け!! お前たち!!」
フロアにいるモンスターに指示を飛ばすネクロマンサー。
モンスターとてバカではない。
害のある霧に触れたのは先陣のわずかだけであり、
霧の範囲外から攻撃のチャンスをうかがっている。


そこへ―――

「・・・・アイアンアロー」



バシュウッ!!!



低い呟きとともにスナイパーが放った矢が密集した敵を貫き一掃する。
修練された弩使いの放つ矢は鋼鉄をも貫くのだ。

「お・・・お前ら!! 固まるな 散れっ!!」
思いもよらぬ先制攻撃に、ネクロマンサーが叫ぶ。


「んもぉ~~~  大人しくしててよぉ・・・」

炎メイジは、間を空けようとするモンスターの群れの真ん中にテレポで飛び込むと
呪文を解き放つ。

「エクスプロージョン!!」



ドガーン!!!!



火炎系爆発呪文が、モンスターの身を焦がし、あるいは吹き飛ばす。


「くっ・・・!! 下だ!!毒霧は空気より軽い!!
 こっちへ来い!!」
狭いフロアでの戦いは毒霧の餌食になることを悟ったネクロマンサーは
モンスターを傍に寄せ、戦力を固める行為にでる。


「・・・・・だろうな。
 どいつもこいつもワンパターンだ・・・」


呟くやいなや、スキルを解き放つスナイパー。

「アローイラプション」


ザザザザンッ!!!


地中から突き出た矢の槍がモンスターを串刺しにする。


まさに速攻―――
地形を活かした戦いにおいて、彼らは最大に力を発揮するといっていいだろう。
冷静な戦力分析に加え、立体的な相手を追い込み範囲攻撃で仕留める二人。
耐久度に難はあるのだが、それを補う意味でも速攻はマッチしている。



―――が

「・・・思ったよりはやるようだな・・・。
だが私には毒霧も火炎呪文も通用しない。
無論その程度の矢で傷をつけることも不可能だ。
さて・・・どうするね?」

思わぬ先制攻撃に焦りを感じていたネクロマンサーであったが
すっかり余裕を取り戻していた。
元々、自分一人でやれるという自負はあったのだろう。

「・・・・やっとアタシの出番ね?
 アンタたち 手は出さなくていいわ」
高みの見物を決め込んでいたナイトは、
そう言うと中央のスペースに向かって階段を降り始める。

「ほぅ・・・? 女ふぜいが私に傷をつけることができるとでも?」

「その余裕・・・・・
 いつまで続くかなっ!?」

地を蹴り加速するナイト。
右上段から切りつけるが、ネクロマンサーは素早く身をかわす。

「喰らうがいい」

ネクロマンサーの右手にオーラが充満する。

「!!」

危険を感じたナイトはすかさず距離を取る。


ゴガァ!!!


空振りしたオーラは、階段に激しい衝撃を与える。

「ふぅ・・・・ なかなか危ない攻撃を使うわね」
漏らすナイトにはまだ余裕の笑みがみえる。
そして・・・
「少し・・・本気で行くわよ。
 ブースター!!」

剣技に意識を集中することにより、
短時間ながら己の限界以上の剣術を発揮することができるスキルである。


「む・・・?スピードがあがった・・・か。
 確かに避けるのは難儀だが、捌けぬわけではない」


キィン!!!


ネクロマンサーは手にした錫杖でナイトの剣を受け止める。

「はっは!! 所詮はオナゴ。
 スピードがあがったところでそんな軽い剣では私に傷をつけることはできんぞ!?」

「ひとつ・・・」
ナイトが呟く。

そしてなおも、一心不乱に剣を振り続けるナイト。
消耗の激しいブースターはやはり切り札であり、戦いを長引かせるわけにはいかない。

「はっはっはっはぁ!! どうした そんなもんかね??」

ナイトの繰り出す剣を時には受け流し、時には錫杖で弾くネクロマンサー。

「ふたつ・・・・・
 ・・・・・・・みっつ」


「なにをブツブツ言っている!!
 お前の剣など通用しないことが分からんか!!」

上段からの攻撃に錫杖で応戦するネクロマンサー。


ッギィン!!


「ぐっ・・・!?」

しかし・・・・たたらを踏んだのはネクロマンサーの方であった。

「バカな・・・!? 力が上がっている・・・!?」

「よっつ・・・・」
ニヤリと笑みを浮かべ呟くナイト。
その体には、いつからか4つの紋章が纏っていた。


「終わったな」
援護の準備は怠らず観戦していたスナイパーが言う。
「あぁなったら終わりだよ アイツの剣はもう止められん」


ブースターのスキルを使ったとき、同時にナイトはコンボアタックのスキルを発動したのである。
標的を捉えるたびに最大5つまで増す紋章は、彼女の力を一時的に高めるのだ。


「さぁ・・・ 念仏でも唱えなさい」

ブースターの効果もあとわずか。
ナイトはとどめを刺すべく切りかかる。

「ぐぅっ!!」

紋章が3つの時点で力負けをしていたネクロマンサーである。
剣の応酬ではナイトに分があるのは明白で、
身をかわしつつ攻撃のチャンスを伺うしかない状況となった。


ッギィィィン!!!


幾度目かの応酬の後、ナイトの剣は錫杖を吹き飛ばす。

「五つ・・・」

ナイトはそのまま、錫杖を飛ばされ尻もちをついているネクロマンサーを見下ろす。

「ま・・・・まってく・・・」

「思ったよりは楽しかったわ じゃぁね」


ザンッ!!!


紋章が5つ溜まった時のみ使える奥義 ―パニック― がネクロマンサーを切り裂いた時、
ジャクムへの門は開かれたのであった。
[PR]
by horntail | 2009-12-12 22:54 | 小説

DK・投・氷・聖 編


一部の人から好評頂けたのでまた調子に乗って書いてみるw
短編3部作のうちの第2話ですw

第1話をお探しの奇特な方は、カテゴリの小説 からどうぞ☆





「さて・・・ いよいよ敵のアジトってわけだが・・・どうする?」

伝説の魔物ジャクムのアジトへとたどりついた
ドラゴンナイト、ハーミット、氷メイジ、プリーストの4人。

大きな門を前にして、
重い鎧に身を包んだドラゴンナイトが振り返って尋ねる。

「どうするって・・・ねぇ?」
愚問とばかりに苦笑するのは氷メイジ。

「はなっから選択肢なんてねぇんだろ?」
ハーミットはすでに手裏剣を手に臨戦態勢。

「やっちゃえやっちゃえー」
聖職者とは思えない過激発言はプリースト。

3人の顔を順番に眺め、ドラゴンナイトは満足そうな笑みを浮かべる。

「はっ!!
分かってんじゃねぇかお前ら。
正面突破。異論はねぇな?」

4人は視線を合わせると力強く頷いた。




ゴガァ!!!!!


ドラゴンナイトのバスターが門に大きな穴を開けた音が
開戦の合図となった。

さすがに中はモンスターで溢れていた。

「うっひょぉ!! 豪勢なお出迎えだこと!!」

大量のモンスターを眼前にしても
ひるむことなく最初に飛び込んだのはハーミット。

「食らえ! アヴェンジャー!!」

念を込め巨大化した手裏剣をモンスターの固まりへと投げつける。


カカカカッッ!!!



推進力を増した手裏剣は、敵数体へと突き刺さる。

しかしこの技
複数に効果があるがいかんせん殺傷力には乏しく、
それだけで致命傷を与えることはできない。

傷を負ったモンスターは自分に危害を加えるものが誰であるかを察知。
怒りの矛先をハーミットへと向ける。


そこへ―――


ゴガガッッ!!!


「はっはー!!
余所見してると死んじまうぜぇ!!」

ドラゴンナイトのバスターが敵を貫く。

機動力に優れるハーミットがかく乱し、ドラゴンナイトがとどめを刺す。
共闘するうちに、自然に生み出された戦闘スタイルだ。

――しかし

「つっ!!」

左手に痛みを覚えたドラゴンナイトが顔をしかめる。

「ワイバーンか・・・」

敵もさるもの。
ドラゴンナイトに接近戦は無謀と学び、遠方から火炎攻撃を仕掛けたのだ。

ドラゴンナイトの左腕は黒く焼け焦げ、
両手の力を必要とする槍を振るうのは困難なはずだった。

「ヒール!!」

プリーストの聖なる呪文に呼応し、淡い光がドラゴンナイトを包むと
左腕の傷が癒えていく。

「さぁんきゅー・・・・」

ドラゴンナイトは、にやりと笑みを浮かべワイバーンをねめつける。
ただならぬ殺気を察知したワイバーンは一瞬身をすくめると
さらなる高みへと舞い上がる。

「あっれぇ~?
 逃げちゃったよ~?
 あそこならバスターは届かないねぇ~」

楽しそうに言うプリーストにはドラゴンナイトの思惑は分かっている。

ドラゴンナイトは気合と共に槍を振るう。
突くのではなく、縦に―――

「スラッシャー!!!」

槍の先から飛び出した蒼い龍が
上昇を続けるワイバーンを襲う。

―――果たして

“ここまで逃げれば奴の攻撃は届かない。 また火炎攻撃で・・・・”
思惑と共に振り向いたワイバーンはスラッシャーに飲み込まれたのであった。



戦況は圧倒的に有利であった。
最前線で戦う彼らに傷は絶えないが、すかさずプリーストがフォローにまわる。
雑魚の群れを相手にしたとき、彼らは最も優れた連携をとると言っていい。


―――しかし
過信は慢心を呼ぶ。

「ヒール!!」

ドラゴンナイトの幾度目かの傷を治したプリーストの背後にリザードマンが迫る。

「危ねぇっ!!」

気づいたのはハーミット。
しかし、彼の位置からはプリーストが死角となり手裏剣は放てない。

“とった・・・!!”

リザードマンは笑みを浮かべ
カギ爪のついた右手を振り上げると―――


そのまま凍りつく。



比喩ではない。

文字通り凍りついたのだ。

テレポによって後ろに現れた氷メイジのアイスストライクによって―――


「女の子を背後から襲うなんて感心しないわね」

冷めた表情で氷メイジは言う。

“てめぇだって背後からっ!!”

氷漬けにされたリザードマンは叫びたかっただろう。

氷メイジは再びテレポを使いリザードマンの正面に立つと
魔力を解き放つ。

「サンダースピア!」

両手に集約された雷は槍の形状に変化し、
氷漬けのままのリザードマンに突き刺さる。

「散りなさい」

背を向けつつ言う氷メイジの後ろでリザードマンは四散した。


「あっりがとぉ☆」

右手をシュタッと挙げ感謝の気持ちを表すプリースト。

「どういたしまして。
 もっとも・・・・助けはいらなかった って顔だけど?」

「ありゃりゃ やっぱ分かるぅ?」

プリーストはいたずらっぽく笑うと、あたりを見渡す。

視線が止まった先には、手裏剣と槍の攻撃で瀕死のゾンビの群れ。

「キミ達に恨みはないけど、ごめんね☆」

プリーストは唱え終わっていた呪文を解き放つ。

「シャイニングレーーイ!!」

プリーストの体から光の帯が伸び、ゾンビの群れを包み込む。
光が消えた跡にはゾンビの姿はなかった。

「へへっ 一丁あがりぃっ」

「全く・・・たいした聖職者だこと・・・」

二人が会話を交わしたちょうどその時、
ドラゴンナイトが最後の一匹にバスターを叩き込むところだった―――
[PR]
by horntail | 2009-08-13 18:30 | 小説

小説その1

ホンテ戦参加のカキコはこの↓の記事にお願いしますね~w

昔から小説っぽいのを書くのとかけっこー好きで(ワラ

メイポをファンタジー小説風にしてみると
けっこーカッコいいんじゃないかと思ってやってみたかった企画ですw

某女魔法使いが主人公の小説(ドラスレとか飛び交うやつねw)の影響を受けまくりの
拙い文章ですが、興味ある人は見てくださいw

短編での構想が3つぐらいあるので今回はその1つをw
あくまで“メイポに影響を受けたオリジナルのストーリー”なので細かいことは突っ込まないようにww
反響良かったら長編やってみるかもみないかも(




「まさか、こんな隠し通路があったとはな・・・」

「へっへー 敵さんも甘いねぇ
 こんなの俺にかかればバレバレだっちゅーの☆」

「たしかにお手柄だけど油断しないで。
 これが罠という可能性もあるわ」

伝説の魔物ジャクムのアジトへとたどり着いた
クルセイダー、マスターシーフ、レンジャーの3人。

マスターシーフが持ち前の鼻を利かせ隠し通路を発見したというわけだ。

「そうだな・・・用心はしておこう」

薄暗い通路の先頭を歩きながらクルセイダーが言った。


道は一本道。
コケやカビが繁殖していないところを見ると通路として頻繁に使用されているのだろう。

護衛らしきモンスターの気配は無いまま
3人は小さなホールへとたどり着いた。
前方には扉が一つ。

「いかにも・・・って感じね」

苦笑しながら呟くレンジャーに、クルセイダーが応える。

「あぁ・・・間違いなく待ち伏せ・・・だな」

おそらく、護衛は正面入り口に集中している。
となるとここにいるのは少数だが手練れである可能性が高い・・・
クルセイダーが考えを巡らせる刹那―――

殺気は背後、自分たちが入って来た側に現れた。

「避けろ!!」
振り返って目視する時間すら惜しんで叫ぶクルセイダー。

バババババババ!!!!

身をかわすのとほぼ同時。
さっきまで3人が立っていた場所を激しい衝撃波が襲う。

無論、殺気に気づいていたのはクルセイダーだけではない。
声が聞こえた時にはすでに3人ともその場を離れ、“殺気”へと対峙している。

「ほぉぅ?あれを避けるとはねぇ」

感嘆と喜びを交えた声とともに、殺気の主が姿を現す。

“それ”は人間の女性の姿をしていた。
年齢は45歳ぐらい。
端正な顔立ちで、その身を和服に包んだ姿は
高級料亭の女将を彷彿させる。
しかし・・・
その手に持つのはマシンガン。
今の衝撃は遠方からのマシンガン攻撃だったのだ。

「まさか・・・姉御・・・っ!?」

レンジャーの背中を冷たい汗が伝う。

姉御―――
非常に忠誠心があり、そのためならば命すら惜しまない。
見かけにそぐわない俊敏な動きからのマシンガン攻撃に加え、
真骨頂のビンタは熟練された戦士ですら一撃で葬り去る破壊力を持つという。


「まぁ・・・あれぐらい避けてくれなきゃ面白くないわよね。
 アナタたちは・・・アタシを楽しませてくれるのかしら?」

「それは無理だなぁ☆」

声は姉御の後ろ。
マスターシーフのものだった。

マシンガン攻撃をかわしたマスターシーフがそのまま背後へと回り込み
己の存在を消すスキル ―ダークサイト― を使用したのだ。

「楽しむ間もなく終わらせてやるよっ!!」


ザンッ!!!


マスターシーフのアサルターが、背後から姉御の腹を薙ぐ。


「まだまだっ!!」


シュバババババッ!!!


マスターシーフの十八番、高速の6連撃サベッジスタブが姉御を切り刻む。


―決まった・・・

余韻に浸るマスターシーフ。
かつて、このコンビネーションをまともに受けて、立ち上がった者はいなかった。

今回も例外ではなかった。


ただ・・・・一つ違うのは・・・・・




“相手が倒れなかったこと” 



・・・・だけ。




余韻から覚めたマスターシーフの眼前には、
右手を振りかぶった姉御が迫っていた。

――やばっ・・・・・このタイミング・・・・避けれねぇっ・・・・

死を覚悟するマスターシーフ。

「ふっ!!」

気合とともに右手を振るう姉御。


バシュゥ!!!


飛び散ったのはマスターシーフの首

・・・・・ではなく藁人形。

「ふぅ・・・間に合ったわね」

「すまねぇ・・・助かった」

姉御のビンタの直前に

レンジャーが囮の藁人形を作りだすスキル ―パペット― を発動したのだ。

「私が足止めするわ」

レンジャーは弓を構え、続けざまにスキルを発動する。

「ソウルアロー!!」

空っぽだった右手に産まれる光の矢。

「ストレイフ!!」

光の矢は、弓から離れた刹那4本へと分離し、姉御に突き刺さる。


「姉御の弱点は雷よ。お願いっ!」
手を休めることなく言うレンジャー。

意図を理解したクルセイダーはその言葉に頷くと
両手に構えるクレイモアを頭上へ掲げスキルを発動する。

「サンダーチャージ!!」

ピシャァッ!!

天から降り注ぐいかずちが剣へと集約し、青白く光る剣へと変貌する。

「!?」

さすがに動揺の色を隠せない姉御。

警戒しながら距離を詰めるクルセイダー。
マシンガンを構え牽制しようとする姉御だが
降り注ぐストレイフに自由が利かない。

やがて剣の間合いに入り
クルセイダーは上段に構えたクレイモアを大きく振り下ろす。

「パワーストライク!!」


ザンッ!!


「ぐあぁっっ!!」

雷の力を借りた一撃が姉御の生命力を大幅に奪う。

クルセイダーは、剣を振り下ろした力を利用してそのまま一回転。

今度は水平に剣を振るう。EXアタックの発動だ。


「とどめだっ!!」


ザンッ!!!


弱点である雷の2連撃を受けた姉御は
断末魔をあげることすら許されず地面へとひれ伏した―――
[PR]
by horntail | 2009-07-26 19:04 | 小説